三男最低伝説

昭和が生んだ怪物はむらけんじのほのぼの日常系ブログ

五撃四殺

※この記事はフィクションです。
登場する人物・団体・ 名称等は架空であり、
実在のものとは関係ありません。

" One Shot , One Kill "

というのは、映画「山猫は眠らない」のトーマス・ベケットの台詞。

現代日本においては、ほとんどの人が小銃や拳銃を撃つことなく生涯を終える。そう、一般の人にとって銃など無用の長物。しかし、現代日本(人)でも合法的に射撃を行うことはできる。それは競技射撃だったり、クレーン射撃だったり、狩猟だったり、海外の射場での射撃かもしれない。

射撃というのはかなり奥が深く、単なるセンスや射撃技術だけでなく、メンタルコントロールも非常に重要になってくる。射撃姿勢・照準・精神というのは、僕の考える射撃の3大要素。各3大要素においても3小要素がある。例えば射撃姿勢なら、体軸・頬付け・右手の握りなど。断言できるが、馬鹿には射撃できない。

射撃というのは手ではなく、頭で撃つ。

てか、お前はなんやねんという突っ込みはわかる。

実は、僕には約5年ほど前から実弾射撃経験があり、主に海外で300mのライフル射撃をしている。年間1~2回は射撃に行っている。やり始めた動機は精神修養のため。日本での射撃の敷居は免許取得や場所などかなり高いが、昨今、海外では気軽に実弾を撃つことが出来る。

ネットなどで空包(空砲じゃないよ)と実弾の違いもわからないオタクがエアガンでの射撃を元に射撃のウンチクを語っているのを見ると、思わず笑ってしまうのも仕方がないこと。ただ、BF4などのFPSのプロプレイヤーは認めざるを得ない。

ちなみにタイトルの五撃四殺というのは、僕の実弾射撃の腕前を表したもの。

弾を5発持っていたら、300mの距離ならば4発は相手に致命傷を与えられるということ。ちなみにレーザーサイトはスコープなどの光学照準器は使用せず。もちろん、静止物に限る話だが。で、撃って見たらわかると思うが、これは結構上手な方である。

実はこないだも海外に射撃に行ったのだが、かなり優秀な成績を収めてきた。100点満点中、90点という成果。ラッキーショットだと素人には言われるが、個人的には必然の結果であったといえる。何しろ僕の過去5年のアベレージは83.11(82/84/82/86/82/78/84/80/90)点。大体、知り合いの平均点は60点前後。

今までは、射撃中、どうしても圏外弾(0点)が1発ほどあったのだが、今回は全部圏内に全弾を命中させることができた。1発の圏外弾を4~5点にもってくることによって、実質4~5点のボーナス。この結果90点という金星を取ることができたのだった。

今まで圏外弾を払拭できなかった理由ははっきりしている。

それはメンタルだ。

決して過信ではなく、自分には人より少しばかり射撃のセンスがあるのはわかっていた。しかし、僕の弱点として時間制限射撃による、気持ちの焦り、集中力の希薄化、呼吸の乱れ、引き遅れ。これらのが、圏外弾の原因となっていた。

準Aクラスから完全なAクラスとなるべく、さまざまな要因を綿密に分析し、練習に取り組み、今までがんばってきた。そして今回の射撃に望み、成果を残すことができたのだ。これで5年連続Aないし準Aクラスである。

射撃が当たらない下手くそというか馬鹿はこの辺の課題を分析、細分化ができないため、射撃のメソッドが確立できないのだ。ただ獣のようにバンバン引き金を引くだけじゃ、ただの金の無駄遣いである。戦国時代の鉄砲足軽でさえ、もうちょっと大事に撃っていたと個人的には思う。

射撃というものは本当に面白い。理論立って、原因と結果を分析すれば、自ずと成果が出る。射撃とは単に人を殺すための所作でもなく、ただのスポーツでもない。己と向き合い、己を高める言わば武道に近いものと自分は考えている。また来年度も撃ちにいくので、慢心せずまたがんばりたい。

困難に打ち勝ち、成長を感じれるのは大変愉快なことである。