読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三男最低伝説

昭和が生んだ怪物はむらけんじのほのぼの日常系ブログ

お見合いパーティに行ってきたった

戯言

前々から興味があったお見合いパーティに行ってきた。ちなみに私は童貞をこじらせた30歳。しかし、いたって普通のまじめな男である。

今回、職場の上司が参加費(2000円)出してくれて、車で送り迎えしてやるとまで言うので、断るわけにもいかず、先輩2人と一緒にノコノコと行くことになったのだが、言われて渋々だったのは否定できない。

パーティの主催は、私が勤務している業界の団体だとか協会、組合の後援会や協力会で、男女合わせて100人を超える人数が集まった。すごーい。

ただ、年齢=彼女いない歴の私にとって、女性と話すのは難しい…わけではなく、ニコ生やエロチャットで鍛えたコミュニケーションはとても流暢で、その会話の流れに淀みはないが、童貞をこじらせているせいで、今ひとつ積極的になれなかった。

1対1の対話は私が最も得意としているところ。逆に、今回のグルーピングや席を自由に移動するスタンスのパーティは苦手な分野(一緒に来ていた先輩とはテーブルが違っただった)。自分に不利なこの企画を考えたやつ出てこいと内心思っていた。

何しろ女性陣の大半が数人の友達と来ており、オープンなスケベより、ムッツリなスケベを愛する私にとって、グループ談笑というのは、どうしても持ち味を発揮できない。こっちはこっそりと二人っきりで話したいのに…。どうやっても話さなければならない限定的な状況に、第三者がもっていって欲しかった。

ありがたくも一生懸命私に話しかけてくれる女性が数人いたが、心の中では申し訳ない気持ちでいっぱいだった。話したのはキミじゃなくて、キミの友達なんだよね…とかよからぬ考えも。それに、結末が見えている会話ほど、つまらない話はない。

そんなこんなでフリータイムでは防戦一方。お目当ての女の子に話しかけるタイミングを失してしまった。私と話したい風の女性が、近くにふらっと来たり、目配せしてくれたりするのだが、童貞をこじらせているため、こっちから話かけるという最初のハードルが私にはまず無理。

せめて話しかけてくれれば、あとはどうにでも持っていける力は持っているのに…。スタートラインにすら立っていないことを痛感した。

結局、私にがんばって話しかけてくれた6〜7人の女性とお話して、フリータイムが終わってしまった。話をした中には、残念ながらタイプのコがおらず、私に話しかけようとしていた女性の中に、タイプのコがいたのに、とにかくフリータイムが終ってしまった。

先輩2人も、なかなか苦戦したようだったが、フリータイム後の、気に入った女性の番号を投票用紙に記入する際には、2人とも結構盛り上がっていた。

私はちなみに、本当に気に入った女性がいなかったので、白紙で出した。

投票の結果発表では、相思相愛のカップルが、カップル成立となり、壇上を呼ばれる下りがあったのだが、当然、私の番号が呼ばれることはなかった(もしかしたら私の番号を書いてくれていた女性はいたかも、いないか)。

笑ったのが、男性の番号を基準に成立したカップル番号を呼ばれるのだが、私の一番上の先輩の番号が呼ばれず、スルーされると、その先輩が突然「帰るぞ(真顔)」と言い出したこと。

次々と成立するカップルを尻目に、私は純粋に「幸せそうでいいなぁ」とか思っていた矢先のことだったので、先輩の言動が最初意味がわからなかった。

どうやらその先輩は苦戦しつつも、お目当ての女性の番号をしっかり記入していたようで、「また別のチャンスがあるさ」とか素っ気ないフリをしておきながら、内心は虎視眈々とカップル成立を狙っていたようである。多分いけるだろうと高をくくっていたようだが、ガチで不成立だったため、「帰るぞ」と言い出したのだろう。

わろた。

そんなこんなで、我ら3匹は惨敗に終わったのだが、私はしっかりとした手応えを感じていた。十分に戦えることがはっきりわかったので、今度は小規模の街コンにでも行って、タイプのコがいればしっかり男らしく話しかけて、頑張っていこう。街コンは6000〜7000円参加費を取られるので、頻繁には行けないが…。

あと、「帰るぞ」と言い出した方の先輩が「次は街コン行くぞ」などと誘ってきたが、この先輩は切ったほうが良さそうだ(真顔)。鉄は熱いうちに打てということで、さっそく街コンに行ったときは、こちらのほうで報告しようと思う。

お楽しみに。